国家

国家の三要素

国家の三要素とは、「国家」として認められるために必要な3つの条件のことをいいます。

国家の三要素は、次の3つです。

  • 主権(または権力)
  • 領域
  • 国民(または領民、人民、住民)

ここでいう主権とは、国家を統治する権力(統治権)を意味します。

領域とは、主権(統治権)が及ぶ範囲をいいます。領域は、領土領海(または領水)・領空からなります。

国民とは、領域に住む人のことをいいます。

「国家の三要素」を提唱した人物は、ドイツの法学者であるゲオルグ・イェリネックです。

主権

「主権」という言葉には、次の3つの意味があります。

  • 最高意思決定権
  • 領域支配権
  • 対外的独立性(対外独立性)

フランスの政治学者であるジャン・ボーダン(ジャン・ボダン、Jean Bodin)は、「主権論の祖(主権理論の祖、主権論の父、主権理論の父、the father of sovereignty、the father of sovereignty theory)」と呼ばれています。

領域

領海

沿岸から12海里の水域です。

排他的経済水域

沿岸から200海里の水域です。

領空

領空は、領土および領海の上空です。排他的経済水域の上空は、領空に含まれません。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク